どこでも使えるモバイルWi-Fiの便利さ

どこでも使える

モバイルWi-Fiの良いところは、サービスエリア内であれば、どこでも使える事です。
その他にも、本体がコンパクトである為、異なるサービスのモバイルルーターを持ち歩いて、状況に応じて使い分けるといった事も行っています。
片方がサービスエリア外になってしまった場合、もう片方のサービスは使えるといった事があるので、異なる会社の回線を使っています。
外出先でも自宅でも、モバイルWi-Fiだけでインターネットを使用しているので、ネットワーク周りの管理も楽です。
基本的には無線LANで、パソコンやスマートフォンやタブレットを使える環境になっており、有線接続したい場合はクレードル経由で有線LANで接続するといった事も行っています。
光回線やADSLを自宅で使っていた時は、ルーターにトラブルが発生したら、そのルーターがある場所まで移動して設定をチェックしなければいけませんでした。
しかし、モバイルルーターの場合は手元に本体があるので、スマートフォンの間隔で再起動や設定の見直しが出来るのは楽です。
バッテリー駆動させると、7時間ぐらいは動作するので、外出先や自宅を問わずに気軽に使えるのは良かったと思います。
有線接続に関しては、USB接続でもテザリングが出来るのでクレードル無しでも構いませんが、クレードルには有線LANポートが付いているので、パソコンに常時繋ぐといった用途では、クレードルを使った方が良かったです。

無線接続が行える | どこでも使える | 制限プランを活用